VISUAL ROCKETS −今日のアメコミ−

STILL TALKIN' ABOUT COMICS

RUNAWAYS: PARENTAL GUIDANCE (Marvel, 2006, #13-18)

大人達よりよっぽど大人な子供達。


分冊キンドル版(Amazon): Runaways (2005-2008) #18

続きを読む

STAR WARS LEGACY: BROKEN (Dark Horse, 2006-07, #1-3, #5, #6)

 遠い昔、遥か銀河のかなたで……少し未来に起こったこと。


分冊キンドル版(Amazon): Star Wars: Legacy (2006-2010) #1

 ヤヴィンの戦いからおよそ130年。銀河の平和は新たなるシスの暗黒卿 Darth Krayt と手を結んだ新生帝国により再び破られる。 Skywalker 家の末裔で修行中の身であるジェダイ Cade は、師 Wolf Sazen らと共に惑星 Ossus で幼きジェダイ達を狙うシスを迎え撃つも苦戦を強いられる。やがて戦いの中で父を失い、さらに師の命までもが危機に瀕した時、 Cade は禁じられた領域に足を踏み入れその生命を蘇らせる。だが、フォースの暗黒面に触れた彼はそのまま復讐心に駆られ追手に航空戦を挑むが敢え無く撃墜、命を散らしたと思われていたが……。7年後、 Skywalker の名を捨てて賞金稼ぎに身をやつした Cade が再びジェダイ達の前に姿を現す。

 今更説明するまでもないフランチャイズのスピンオフ。
  Lucas Film がネズミの王国に買収されて SW の版権が同じく傘下の Marvel に渡った際、何が一番不満だったかってそれまで映画の外で展開されていた歴史のほとんどがチャラにされたことですよ。
 知っている人も多いと思うけれど、 STAR WARS の広大な世界観のうち、映画で描かれているのはごくわずかな部分のみ。エピソードとエピソードの間であるとかその遥か過去や未来については小説やコミック、あるいはゲームなどの媒体で補完されており、逆を返すとそういったところで展開された物語は映画と矛盾がなければ公式設定となるのが暗黙の了解となっていた。
 然るにこれまで Leia と Han の間には双子が生まれ、 Luke は元シスの手先だった女性と結婚して、ようやく平和になったらと思っていたら別の銀河から新たな敵が……というのもファンには事実として受け入れられていたのに、一夜にしてほぼ全て非公式扱い。もやっとするなという方が無理な話で。
 ひいてはかつて Dark Horse から刊行されていた本シリーズも SW の版権が Marvel に移行してしまい最早読むことは適わないか……と思っていたところ、最近 Marvel が分厚い新装版の EPIC COLLECTION として再刊行。これに関しては素直にグッジョブとその英断を讃えたい。
 
 さて、その上で肝心の中身だけど。まずエピソードⅥから100年以上経過した未来が舞台というだけで食指が動くのは私だけじゃない筈。加えて、主人公が落ちぶれてバウンティハンターとなった Luke の子孫(あ、 Luke 自身もあの幽体モードで説教しに出てきます)と聞けばワクワクするなって方が無理なお話。

 クリエイターはスクリプトに Suicide Squad を世に送り出した John Ostrander 。そして彼とストーリーを共に手がけペンシルも担当するのは Jan Duursema 。 Duursema の名は初めて聞く名なので他にどんな作品を手がけているのだろうと調べてみたらびっくり。 SW 絡みのコミックを数多く手がけている彼女は映画やカートゥーンでもお馴染み Aayla Secura の生みの親でもあれば、もしかすると私が初めて入手したアメコミの合本かも知れないエピソード2のコミカライズを手掛けた個人的にも関係の深いお方でしたわ。

 映画の時代から130年という長い年月を経ているため、多少政治関係がごたついているものの、慣れればそれほど苦じゃないどころか、ジェダイが本家と帝国騎士側に分裂していたり、その帝国が味方(?)についたりと中々面白い展開が凝縮されている。
 現在どのくらい設定が生き残っているのかわからない本シリーズなものの、今後の展開がとても楽しみな有望シリーズ。


分冊キンドル版(Amazon): Star Wars: Legacy (2006-2010) #2


分冊キンドル版(Amazon): Star Wars: Legacy (2006-2010) #3


分冊キンドル版(Amazon): Star Wars: Legacy (2006-2010) #5


分冊キンドル版(Amazon): Star Wars: Legacy (2006-2010) #6


本記事で紹介した内容含む原書合本版(Amazon): Star Wars: Legacy Vol. 1 (Star Wars Legacy)

RASL ACT FOUR: THE LOST JOURNALS OF NIKOLA TESLA (Cartoon Books, 2008, #12-15)

 本作におけるもう1人の主人公、その末路とは……。(若干結末のネタバレ入るので注意)


分冊キンドル版(Amazon): RASL #13

続きを読む

BATMAN AND ROBIN: REVENGE OF THE RED HOOD (DC, 2009-10, #4-6)

 醜いものほど — 。


本記事で収録した内容含め原書合本版(Amazon): Batman and Robin, Vol. 1: Batman Reborn (Batman by Grant Morrison series)

続きを読む

ESSEX COUNTY BOOK THREE: THE COUNTRY NURSE (Top Shelf, 2008)

 アメコミの世界に新風を吹き入れた Jeff Lemire の初期代表作完結編。


シリーズ全てを収録した原書合本版(Amazon): Essex County

続きを読む

THE AVENGERS: THE KORVAC SAGA (Marvel, 1978, #167, 168, 170-177)

 スーパーヒーロー作品としての責任を放棄した問題作。


原書合本版(Amazon): Avengers: The Korvac Saga (Avengers (1963-1996))

続きを読む

FREAKANGELS VOL.1 (Avatar Press, 2008)

 23年前、色の抜けた肌と紫の瞳、そして恐るべき力を持つ12人の子供達がイングランドの地において生を受けた。
 17年後、世界は滅んだ。
 この物語はその後残された僅かな人類と、彼らと共に生きることを選んだ奇形の使徒達の行く末を描いた作品である。


原書合本版(Amazon): Freakangels, Volume 1 FREAKANGELS V01 [ Warren Ellis ]

続きを読む