読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VISUAL ROCKETS −今日のアメコミ−

STILL TALKIN' ABOUT COMICS

TRANSMETROPOLITAN VOL.4: THE NEW SCUM (DC/VERTIGO, 1999-2000)

 大切なのは国の将来じゃなく今晩のニコ生。
 欲しいのは別に”絆”なんてごたいそうなものじゃなく、投稿をファボッてくれる”一秒の愛”。
 どこかの大統領が何してるとかどうでも良い。それよりさっさとムカつくあの国と国交断絶しろよ。
 これが今の私達だ。
 何が悪い?


原書合本版: Transmetropolitan, Vol. 4: The New Scum

続きを読む

BATMAN: BATTLE FOR THE COWL (DC, 2009)

 ライターが Grant Morrison でなく Tony S. Daniel であるため正確には Morrison サーガに含まれないのかもしれないけれど、物語上繋がっていることは事実なのでここでも扱うことにした。

原書版合本(Amazon): Batman: Battle for the Cowl

続きを読む

SWEET TOOTH VOL.2: IN CAPTIVITY (DC/Vertigo, 2010)

 作品において謎の存在は重要だ。
 しかし、弾丸が発射する銃の存在なくしては用をなさないのと同様に、謎も効果的な演出によって初めて読者を惹き付ける魅力となりうる。


原書合本版(旧版)(Amazon): In Captivity (Sweet Tooth 2)

続きを読む

『INHUMANS』(Marvel, 1998-99)

 自慢のような話から始めるのは何とも恐縮だが、アメコミを読んでいるおかげか私には学校の英語でそれほど苦労した覚えがない。
 だからと言うべきか、とある事情で市内のインターナショナルスクールに足を運んだ時にかなりの劣等感を味わった記憶がある。何しろ周囲にいる奴は皆、自分と同等かそれ以上に英語が達者な者ばかりだ。得意気に伸ばしていた鼻っぱしを根本からへし折られたような気がした。
 それからはふとしたことで「自分から英語を取ったら何が残るのだろう」と考えるようになった。
 現在に至るまで、はっきりとした答えが出せたことはない。


分冊キンドル版(Amazon): Inhumans (1998-1999) #1 (of 12)

続きを読む

『TRANSMETROPOLITAN VOL.3: YEAR OF THE BASTARD』 (DC/Vertigo, 1998-99)

 「この国とそれが象徴するものは好き。それを動かしてる奴らが嫌いなだけ。」
 以前、TVドラマで同僚に「国が嫌いなのか」と問われた主人公がこう答えたのを観て感心したのを覚えている。的を射た発言だと思う。
 政治家というのは国民の代表だ。謂わばスポークスマンであり、彼らは国に”仕える”存在である筈だ。
 いつから彼らは私達を”率いる”存在に昇格したのだろう?


原書合本版(Amazon): Transmetropolitan, Vol. 3: Year of the Bastard

続きを読む

『RUNAWAYS VOL.3: THE GOOD DIE YOUNG』 (MARVEL, 2004)

 記事は3つに分けたものの、ここまで読むのは一気。とりわけ今巻はページを捲る手が止まらない止まらない。良いもの読ませて頂きました。


原書合本版(コンパクトサイズ)(Amazon): Runaways Vol.3: The Good Die Young

続きを読む

『THE DEMON VOL.1: HELL’S HITMAN』 (DC, 1993-94)

 台詞のほぼ全てが押韻でなければならないというライター泣かせの悪魔っ子登場。


原書合本版(Amazon): The Demon: Hell's Hitman

続きを読む