読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VISUAL ROCKETS −今日のアメコミ−

STILL TALKIN' ABOUT COMICS

TRANSMETROPOLITAN VOL.10: ONE MORE TIME (DC/Vertigo, 2000-02)

反骨のジャーナリストSpider Jerusalemにより売春のスキャンダルを暴露され窮地に立たされた大統領Gary "The Smiler" Callahan。街に戒厳令を出して事態の収拾を図ろうとする彼に対し、Spiderは切り札である暗殺容疑についても糾弾する。しかし、そんな彼の…

TRANSMETROPOLITAN VOL.9: THE CURE (DC/Vertigo, 2001-02)

「大統領をホワイトハウスから追い出す」 — 職と住処を追われ、その脳も機能障害で徐々に崩壊することを告げられながら、なお最後の”任務”を遂行するべく奮闘する反骨のジャーナリスト Spider Jerusalem。大統領Gary "The Smiler" Callhanが着々と汚職の証拠…

TRANSMETROPOLITAN VOL.7: SPIDER’S THRASH (DC/Vertigo, 2000-01)

大統領の奸計により新聞のコラムニストをクビにされ、ジャーナリストとしての生命線も断たれた叛逆の報道天使Spider Jerusalem — 2人のアシスタントと共に追われる身となった彼はしかし、むしろこれ幸いと言わんばかりにアンダーグラウンドメディアサイトと…

TRANSMETROPOLITAN VOL.6: GOUGE AWAY (DC/Vertigo, 2000)

遂に牙を剥いてきた新大統領Gary Callahanに対し、徹底抗戦の構えを見せる反骨のジャーナリストSpider Jerusalem。大統領の欺瞞を外堀から徐々に埋めていく彼だったが、その頃世間はすっかり人気者となった彼をキャラクターとして弄んでいた……。

SWEET TOOTH VOL.3: ANIMAL ARMIES (DC/Vertigo, 2010-11) 

人類を破滅へと導いた謎の疫病 — Gusがその鍵を握る存在かもしれないと目した政府研究施設の指揮官Abbotは、医師Singhと共に彼が以前住んでいたという林の中の山小屋を目指す。 数多くの人間に裏切られて心を閉ざすGusだったが、檻の中で出逢った他のハイブ…

NORTH 40 (DC/Vertigo, 2009-10)

国道沿いに位置する田舎町。怖いもの知らずの少年と少女が大学の図書館から持ち出した奇妙な書 — それを開くと時を同じくして町中の人間が意識を失ってしまう。 翌日、町の者達の多くが悪夢のような能力と共に目を覚ます。怪力を手に入れた者、下半身が触手…

『TRANSMETROPOLITAN VOL.5: LONELY CITY』(DC/VERTIGO, 1999-2000)

遂にGary ‘The Smiler’ Callahanが米国大統領に就任した。自身のコラムで再三に渡って彼の欺瞞を暴露したにも関わらず”正しい選択”が出来なかった大衆に対し、反骨のジャーナリストSpider Jerusalemは怒りをくすぶらせる。そんな中、スキャンした相手の遺伝…

TRANSMETROPOLITAN VOL.4: THE NEW SCUM (DC/VERTIGO, 1999-2000)

衝撃的な死により幕を引いた前巻だったが、今巻ではいよいよ大統領選が大詰めを迎える。Spiderが市井の”The new scum”=”新しいクズ”の中に混じりながら取材を進める一方で、現職のThe Beastと対立候補のThe Smilerがそれぞれの思惑で彼との接触を図る今回の…

SWEET TOOTH VOL.2: IN CAPTIVITY (DC/Vertigo, 2010)

Jepperdの裏切りに遭い、政府の研究施設に囚われの身となってしまったGus。そこで彼が出逢ったのは、自分と同じ半獣半人のハイブリッド達であった。そして彼を身体検査した科学者のSinghが驚愕の事実を見出す頃、施設の管理人Abbotからボストンバッグを受け…

『TRANSMETROPOLITAN VOL.3: YEAR OF THE BASTARD』 (DC/Vertigo, 1998-99)

Ellis&Robertsonによるサイバーパンク・ジャーナリズムの傑作『TRANSMETROPOLITAN』も3冊目。本巻『YEAR OF THE BASTARD』ではいよいよ反骨のジャーナリストSpider Jerusalemが本格的に大統領選に関わっていくことでシリーズ全体の方向が定まると共に役者も…

『TRANSMETROPOLITAN VOL.2: LUST FOR LIFE』 (DC/Vertigo, )

引き続きライターWarren EllisとアーティストDarick Robertsonによる傑作『TRANSMETROPOLITAN』をカバー。今回は『Vol.2: LUST FOR LIFE』です。Vol.1とは逆に今巻では前半が色んなトピックを取り上げる1話完結もの、後半は過去に取り扱った事件や盗まれた元…

『SWEET TOOTH VOL.1: OUT OF THE DEEP WOODS』 (DC/Vertigo, 2009-10)

林の奥深くで生まれ育った、鹿の角を持つ少年Gus — 父親の死を機に生まれて初めて外の世界へ踏み出した彼は、偶然出逢ったJepperdという男と共に自分のような者がたくさん暮らしているという”Preserve(= 保護区)”を目指す。しかし、そんな彼の前に広がるのは…

『TRANSMETROPOLITAN VOL.1: BACK ON THE STREET』 (DC/Vertigo, 1997-98)

いつか定かでない未来。かつてその苛烈なコメントと鋭い記事で一世を風靡したジャーナリスト Spider Jerusalem はしかし、あることをきっかけに山中へ引きこもり薬漬け酒浸りの隠遁生活を送るようになっていた。そんな彼のもとへ届いたのは出版社からの契約…

『ENIGMA』 (DC/Vertigo, 1993)

枠にはまったような毎日を送る青年、Michael Smith はある日、幼少時代に読んでいたコミック ”THE ENIGMA” の主人公や悪役達が現実世界で奇怪な事件を起こしていると知り、何故か胸騒ぎを覚える。「自分が事件の渦中にいるような気がしてならない」 — 後日、…

『ANIMAL MAN』(DC/Vertigo, 1988-90)

SNSやネットの掲示板でアニメや漫画の感想を覗いていると、キャラクターがメタな発言を一言口にしたばかりに作品全体の質が著しく損なわれたかのような発言を目にすることがある。 まるで何かを恐れているかのようだ。

『PROPOSITION PLAYER』(DC/Vertigo, 1999)

自分にとってはガラクタでも他人にとっちゃ宝物、なんてのはよくあること。一見美味しい話には大概裏があることを忘れてはならない。 前回があまりにも暗い作品だったので、今回は気分を百八十度変えてコメディといこう。あまり有名な作品ではないものの、個…

『DEMO』(DC/Vertigo, 2003-10)

手に入れたいのは「呪われた力」、言ってみたいのは「普通になりたい」 — テレパシー、テレポーテーション、飛行、再生、そんな諸々の無効化・コピーに俺TUEEE と、 特殊能力の獲得は誰もが一度は夢見るものだろう。 私も空飛んだり車片手で持ち上げたりして…

BLACK ORCHID (DC/Vertigo, 1988-89)

とある企業に潜入していた奇怪な女 — 彼女が見つかって殺害されると同時に郊外の植物園で目覚めた紫の肌を持つ女は、遅れて目覚めた少女と共に自分達の出自を探り始める。だが同じ頃、彼女達の存在に気づいた企業も二人に追っ手を差し向け…。

V FOR VENDETTA (Vertigo, 1988-89)

全体主義に陥り警察国家と成り果てた架空の英国ロンドンを舞台に、無政府主義者のテロリスト”V”の暗躍と、ひょんなことから彼と行動を共にすることとなった少女Eveyの姿を描く本作は、アメコミ(実際にはアメコミではなくブリティッシュ・コミック−ブリコミ…