VISUAL ROCKETS −今日のアメコミ−

STILL TALKIN' ABOUT COMICS

DC

『MARSHAL LAW: THE DELUXE EDITION』(DC, 2013)

DC

パロディというジャンルほど好みの分かれるものはあるまい。 そもそもパロディとは原典に対する作り手の意見というか主観に基づいているため、批判的攻撃的性格を帯びやすく、もっと言えばその攻撃性を隠すためにコメディの形式をとることが多い。コメディに…

『SECRET WARS』(Marvel, 1984-85) &『CRISIS ON INFINITE EARTHS』(DC, 1985-86)

前回に引き続き、今回もスーパーヒーロー物を扱おう。というか、今回はちょっと豪華にMarvelのオリジナル版『SECRET WARS(以下SW)』とDCの『CRISIS ON INFINITE EARTHS(以下CRISIS)』という、両社の初大型クロスオーバーイベントを同時に扱おうと思う。…

『TEEN TITANS by GEOFF JOHNS OMNIBUS』(DC,2003-07)

DC

久しくまともなスーパーヒーロー物を扱っていなかったことに気づいたので、今回はメイン路線で比較的知名度も高めな作品を扱うことにしよう。現在DCのトップに立つライター、Geoff Johnsが主に2003年から2007年にかけてライティングを務めた『TEEN TITANS』…

GREEN ARROW : QUIVER (DC,2001-02)

DC

とある事件で死亡していた筈のGreen ArrowがStar Cityに帰って来た。猟奇殺人犯”Star City Slayer”の次なる凶行を食いとめようと奔走する彼は、同時に死から舞い戻った自身に関する謎にも迫っていく…。

ALL STAR SUPERMAN (DC, 2005-8)

DC

宿敵Lex Luthorの陰謀で過度の太陽エネルギーを浴びたことにより、かつてない程の力を手に入れると同時にそう遠くない死を宣告されたSupermanが残り僅かな余生をどう過ごすのか描いた名作中の名作。