VISUAL ROCKETS −今日のアメコミ−

STILL TALKIN' ABOUT COMICS

BLACK ORCHID (DC/Vertigo, 1988-89)

 実はアメコミに関してなんやかんやと語る文章を綴ろうと思った時、何故か最初に思いついたのが本作『BLACK ORCHID』。『SANDMAN』のNeil Gaimanがライターを、『ARKHAM ASYLUM』のDave McKeanがアートを務めた作品という時点で読む前から期待のハードルが上がる上がる。そしてそんな期待は裏切られませんでしたとさ。


原書合本版(Amazon): Black Orchid Deluxe Edition

 とある企業に潜入していた奇怪な女 — 彼女が見つかって殺害されると同時に郊外の植物園で目覚めた紫の肌を持つ女は、遅れて目覚めた少女と共に自分達の出自を探り始める。だが同じ頃、彼女達の存在に気づいた企業も二人に追っ手を差し向け…。


 Blach Orchidというキャラクター自体はDCに以前からおり、Suicide Squadのようなチームの一員だったこともあったものの、本作以前はそこまで掘り下げて描かれたことがなかった(最近はNew52でJustice League Darkのメンバーとして活躍したりもしていたが)。
 VERTIGOレーベルについても、今でこそメインのDCユニバースと完全に切り離されたインデペンデント系作品ばかりだが、この頃はまだ緩く繋がりを保っており、本作のように長らく御役御免となっていたキャラクターを新機軸でリブートすることもしばしば。そのため自分探しをするOrchidの訪ね先がお馴染みの精神病棟だったり、彼女を追い求める企業の親玉も見慣れたハゲだったりとゲストも豊富(植物関連の人はあらかた顔出してるんじゃなかろか)。個人的にはMad Hatterが出てくるのが嬉しい。


 本作においてMcKeanはページを上下に分け、それらを更に3(〜5)の均等なコマに割るというちょっと他では見かけない手法をとっている。アメコミのコマ割りで有名なのはAlan MooreとDave Gibbonsの『WATCHMEN』などの3×3のコマ割りだが、この2×3というのも中々面白い。絵柄や雰囲気の違いによる差もあるのだろうが、きれいに整頓されたアルバムのような配置で無機的だった前者に対し、こちらは管楽器の鍵盤を連想させ物語全体に一種音楽的な流れを生み出す。これにページのコマ数が偶数であったことも加わると、特に時間や場所をモンタージュする際などに(変な言い方だが)有機的な印象を受ける。
 近年、Marvelの『VISION』など、コマ割りに拘りをみせる作品をちらほら見かけるようになったが、話の雰囲気に合わせてコマ割りを使い分けるられるのも立派な技術だろう。


 更に本作のクリエイター陣で忘れてはならない人物がレタリングを担当したTodd Kleinだ。レタリングというのはアーティストの絵柄に合わせて台詞や効果音などを配置することで、アメコミの世界では専門のプロがいる。KleinはDCやMarvelの多くの作品でロゴデザインを担当した匠の1人であり、その才覚は本作のインテリアでも遺憾なく発揮されている。とりわけキャプション(モノローグなどに使う真四角の吹き出し)の配置(例えば『Fall』という単語があるキャプションは落ちているように見せたり)や色遣いなどは絶妙で、いつまで見ていても飽きないアートに仕上がっている。


 本作がVertigoの名編集者Karen Bergerに評価されたことがきっかけでGaimanは『SANDMAN』のライターを担当することになり、McKeanも後に『Arkham Asylum』のアーティストに抜擢される。
 それらの作品と比べて必ずしも知名度が高くない本作は、だがここにしかない二人の魅力を確かに備えている。


 追記:Suzy可愛いよぅ。


原書合本版(Amazon): Black Orchid