読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VISUAL ROCKETS −今日のアメコミ−

STILL TALKIN' ABOUT COMICS

WE CAN NEVER GO HOME Vol.1 (Black Mask Studios, 2015)

Others

 ふと気がつけばこれまで語ったものうち直近の作品でさえ10年近く前のものだったので、今回は比較的最近出た『WE CAN NEVER GO HOME』について語ることにする。


Kindle版: We Can Never Go Home (Issues) (5 Book Series)

 1989年を舞台に、超人的な身体能力を有する少女Madisonと、ふとしたことから彼女の能力を知った少年Duncanとの危うい駆け落ちを描いた本作。
 出版元のBlack Mask Studiosはストーリー的にもアート的にもいわゆる表舞台とは少し遠ざかった場所に位置しており、オキュパイ運動に同調したアンソロジー『OCCUPY COMICS』を始めとした、政治現象や社会問題をテーマにした作品なども積極的に扱うちょっと尖った会社(本作も合本の後書きで銃社会に対する批判などについて言及している)。正直なところラインアップは玉石混合だが(去年#1だけ読んだ魔法少女物には頭を抱えたぜ…)、本作は2015年のナンバー1との呼び声も高い。


 結論から記すと、本作はアップビートなテンポの良さや癖のないアートなども良かったが、最も功を奏したのは特殊能力を持った内向的少女と拳銃を持った調子の良い少年の二人組という、それぞれのキャラクターと、そんな二人の相性の良さにあったんじゃないだろうか。

 個人的なバイアスの話をすると、私は青春ものって余り好きじゃない。このジャンルって大概が1)青春が黄金時代だったクリエイターのノスタルジー、あるいは2)青春が暗黒時代だったクリエイターの「こうあって欲しかった」という妄想の垂れ流しのどちらかで、最終的に色恋沙汰へ収束していくのがもう面倒臭いというか鬱陶しい。修学旅行とか学校祭とかキラキラフィルターかけ過ぎだろ、と。恋愛模様とか恥ずかしいやら冷めるやらで見ていられなくなるんす。大体、この時期の恋愛感情って9割がた集団生活と第二次性徴の生理によるもので、総じて刹那的で破滅的だ(ええ、お察しの通り私の青春はマンハッタンの路地裏よりも真っ暗でさあ)。

 ただ、逆を返すとそれ故に青春時代というのは(そもそも思春期だからこそ反社会的行為に走るという意味も含めて)逃避物や心中物などと非常に相性が良い。そのことは例えばTerrence Malick監督の『Badlands』(1973)や山田洋次監督の『幸福の黄色いハンカチ』(1977)などの映画を見てもわかるだろう。
 この手の作品はセックスやバイオレンスといった強い刺激に対する内的欲求だとか、学校や家族といったセーフティネットのない現実社会という外圧との初遭遇だとか、良くも悪くも登場人物の身になって状況に転がされていれば、良い感じに”思春期のアイデンティティ”というテーマ(ティーンエイジャーが出てくる作品は十中八九これ)に対するある種の回答が勝手に立ち上ってくる。というか基本的にこの種の問いに正解はないんで、クリエイター側が「お話はここまで」と区切りをつけた時点での現状がテーマとして成立する。 


 本作もその例に漏れることはない。Madisonは自分の出自に戸惑い、Duncanは性と暴力への欲求に翻弄されながら、警察にギャングに超能力集団にと開けた世界が次々繰り出す存在やトラブルを何とかかんとかくぐり抜け、最終的に”アイデンティティ”という問いに対する各々の回答を提示する。
 そんな訳だから上でも述べた通り、重要となってくるのがキャラクター作りで、もっと言えば旅の道連れとなる登場人物同士の間で良い化学反応をもたらせるかどうかだったが、本作は二人の相性がとても良かったので、私も苦手な青春ものの割には中々楽しむことができた。


 謎も残った本作は2017年に続編の刊行が予定されているものの、別にここで話を終わらせてもそれはそれでありだったと思うというのが正直な感想だ。ライターのMatthew Rosenbergは現在、同じBlack Mask Studiosから『4KIDS WALK INTO A BANK』なる作品を出しているが、中々好評を博している本作も続編と合わせてそのうちチェックしてみたい。


原書: We can never go home