VISUAL ROCKETS −今日のアメコミ−

STILL TALKIN' ABOUT COMICS

特別篇: Mr.Ozの正体に関する考察(DC REBIRTH)

 DC UNIVERSE REBIRTH号のラストで血痕のついたスマイリーバッジが発見されて以来、各所で盛んな議論を巻き起こしているWATCHMENの関与。中でもSupermanやBatmanの背後で暗躍する謎の存在Mr.Ozの正体は現在最もホットな話題といえるかもしれない。

f:id:C3rdP:20170410162455j:plain
初登場時のMr.Oz(SUPERMAN #32より)

 大勢の意見としては「Mr.Ozの正体はOzymandias a.k.a Adrian Veidt」であり、それが最も無難な帰結であることは否定しないものの、個人的にはGeoff JohnsひいてはDCがそんなすぐ予想がつくような謎をここまで引っ張るかという気がしなくもない。思い出してほしい。この男はTRINITY WARの際、誰もが”Trinity”とはPandora、Phantom Stranger、そしてQuestionの3人を指しているのだと疑わなかった時に「実はEarth-“Three”という意味でした」と明かした前科を持っていた筈だ。
 
 というわけで少し調べてみたところ、残念ながら確たる証拠こそ掴めなかったものの、Mr.Ozの正体に関して新たな可能性に辿り着いたわけで。あちこちのサイトを巡ってみたものの、どこもこの可能性について言及していなかったのでここで論じてみようと思った次第。
 念のため断っておくがこれはあくまで憶測だ。新たな可能性を示唆するいくつかの要素は提示するものの、どれも証拠と呼ぶにはあまりに薄っぺらい。予想が外れたところで私にゃ何の責任もないので悪しからず。

 さて、持論について語る前にまず「Mr.OzとはAdrian Veidt」という予想を少し分析してみよう。本記事執筆時点においてDCから提示されているMr.OzとAdrian Veidtを結びつける線は主に4つ —
1) ”Mr.Oz”と”Ozymandias”という名前
2) たくさんのモニターが並ぶ暗室にいる描写
3) 瞳の色(尤も、Mr.Ozに関しては描くアーティストによって若干のバラつきがあるようだ)
4) SUPERMAN #39 (DC, 2015) に登場するMiss Janetなる女性。Mr.Ozに電話をかける彼女の手首にあるマークの”Z”が、WATCHMENにおいてOzymandiasが経営する会社Veidtの商品である”Nostalgia”のボトルに記された”N”と形が似ていること

f:id:C3rdP:20170410165741j:plain
Miss Janetの手首(SUPERMAN #39より)

f:id:C3rdP:20170410162626j:plain
Nostalgiaのボトル(WATCHMEN #9より)

 — といったところ。こうして改めて列挙してみると案外証拠として弱いと感じたのは私だけだろうか。
 それでも4つ目に挙げた点のように興味深い示唆を与えてくれるものもある。
 ”N”と”Z”……ふむ。

 さて、ここからは持論に入っていこう。
 ご存知の方も多いと思うがWATCHMENの合本にはその世界観やキャラクターに関する理解を深めるための資料が作中世界における本からの抜粋や新聞記事などの形で数多く挿入されている。
 注目して頂きたいのは(少なくとも私が所持している合本では)10章の後に差し込まれたVeidt社の商品開発資料の2ページ目、アクション・フィギュア商品のラインナップ拡大に関する書類。

f:id:C3rdP:20170410162907j:plain
Veidt社の資料(WATCHMEN合本より)

 Moloch、Rorshach、そして勿論Ozymandiasなどのアクションフィギュアのサンプルが立ち並ぶ中、私の目を引いたのは右端の人物 — Nite Owlだ。
 フィギュアの足元にある彼のロゴを見ると、その”N”の文字はどこかのボトルに記された”N”を思い起こさせないだろうか。誰かの手首に記された”Z”を思わせないだろうか。

f:id:C3rdP:20170410162936j:plain(同上)

 もっとわかりやすくしよう。
NITE
OWL
 記されたロゴを90度右に傾けて頂きたい。一番上に浮かび上がる名前は誰のものだろう?

f:id:C3rdP:20170410162952j:plain(同上)

 これが私の仮説。
 ”OZ”じゃない。”NO”だ。
 Mr.Ozの正体はNite Owl a.k.a Dan Dreibergだ。

f:id:C3rdP:20170410164109j:plain
Nite Owl a.k.a Dan Dreiberg(WATCHMEN #1より)

 確かに少々強引かもしれない。だが考えてみれば可能性として全くのゼロでもないだろう。
 ここまでの時点でMr.OzとAdrian Veidtを結びつける状況証拠は上に挙げた4つのみ。
 行動面で言えば彼は別に素手で銃弾を受け止めたわけでもなければ、街のど真ん中に化け物を瞬間移動させたわけでもない(Doomsdayはあくまで運搬される最中に逃げ出してMetropolisに出現した)。
 私達の知る限りにおいて、Mr.Ozは単に高度な技術とたくさんの人的資源を有すだけの人物だ。

 成程、WATCHMENの中で億万長者、天才、トップ・アスリートの3項目を満たすのはVeidtだ。しかし、Dan Dreibergもまた親から莫大な遺産を継いだおかげで定職に就かなくとも普通に暮らしていけるだけのプチブルジョワであることを忘れてはならない。さらに彼は自分1人でOwl Shipなんて飛行艇を組み立てるだけの天才的な技術者でもある。そして最近のACTION COMICSを読み返してみるとMr.Ozのもとで働く輩は随分と空飛ぶ機械がお好きなようだ。
f:id:C3rdP:20170410163133j:plain
グライダーに跨るMr.Ozの手先な方々(ACTION COMICS #961より)

 ただ、この仮説には1つ大きな欠点がある。それは最初に挙げた4つの点のうちの3つ目 — 瞳の色だ。

f:id:C3rdP:20170410163222j:plain
Mr.Oz(DC UNIVERSE REBIRTHより)

 Rebirth号などを見る限り、Mr.OzはAdrian Veidtと同じ碧眼の持ち主だがWATCHMENで描写されるDan Dreibergの目は茶色をしている。
 これを(これまで以上に)無理に解釈しようとすれば2つの可能性が挙げられる。
1) WATCHMENのラストにおいて容姿を変えたDanがカラコンなどを使って瞳の色も変えた
2) Danは碧眼の持ち主ではないものの、彼と一緒になったLaurie Juspeczyk a.k.a Silk Spectreの瞳は青い。彼女の母親に別れを告げた後、2人が子供について意見を交わしているところを見ると2人が物語の終了からそう遠くない時点で子供を授かった可能性は捨てきれない。Mr.OzはDan本人ではなく、彼とLaurieの息子である

f:id:C3rdP:20170410163249j:plain
子供について語るDanとLaurie(WATCHMEN #12より)

 Mr.OzとDan Dreibergを結びつけるもの、とりわけ容姿面で2人を結びつけるものが他にないだろうかとさらに探ってみたものの、残念ながら既に挙げた以上のものは見つからなかった。精々、Mr.Ozが持ち歩く杖だか槍だかの先端に付いている曲部がNite Owlのバックルと似ていると言えなくもないということと、ミネルヴァやパラス・アテナといったフクロウにまつわる神話の存在が槍を持ち歩くことがあるということくらいだ。あるいはフクロウのカギ爪でもモチーフにしているのかもしれない。

 以上が「Mr.OzはNiteOwl」説となる。はじめにも述べた通り、全て状況証拠だ。ただの憶測と思って頂いていい。
 以下に記すのはMr.Ozに直接関係ないものの、これを調べる中で気付いたことや妄想の覚書をリストアップしたものとなる。ここまでの私の妄想がお気に召したならもう少しお付き合い願おう。
1) Batman界隈におけるJoker(達)に関する謎について。この謎が初めて提示されたJUSTICE LEAGUE #50 をよく読んで頂ければわかる通り、実のところMoebius Chairは「Jokerが3人いる」などとは一言も言っていない。単にBatmanの「What’s the Joker’s real name?」という問いに「There were three.」(ここで”ARE”でなく“WERE”という過去形を使っていることにも留意)と答えただけだ。「Jokerが3人」というのはこのことを聞いたHal Jordanの解釈に過ぎない。
 またDCやそのクリエイター達のインタビューやアナウンスメントを軽く漁ってみたが誰も「Jokerは3人いる」と言及した者は見当たらない。この謎を指すのには”The Mystery”という言葉を使っている。私達の知る限り、”Three”という数は目下どう捉えることも可能なのだ。

f:id:C3rdP:20170410163328j:plain
Jokerに関する謎の初言及(JUSTICE LEAGUE #50より)

2) Rebirth号を読んだ時からずっと釈然としなかったのがDr.Manhattanの存在。決定論に近い立場を取る彼がDCUに介入しようとする必要性が見出だせない。臨界点を迎えかけていた自分の世界の人類にさえ興味を失って立ち去った彼が、果たしてDCUにいかなる理由からでも手を出そうと、まるまる10年もの現実を消し去ろうとするだろうか?

3) 仮にMr.OzがNite OwlだとすればAdrian Veidt a.k.a Ozymandias、彼は一体どこにいるのだろう?WATCHMENの最終章で妥協を良しとせず立ち去るRorshachを見てこんな不気味な発言をする彼がいる。

f:id:C3rdP:20170410163403j:plain
「ふむ。これはどうしたものか。『現実を塗りつぶす』とでもいったところかな?」(WATCHMEN #12より)

仮に。仮にだ。
 WATCHMENの物語後、何らかの方法でAdrian VeidtがDr.Manhattanに匹敵する力を手に入れたとしたらどうだろう?彼は偶然発見したDCUを見て、かつて自身の世界に対して行ったようにこの世界をも「良い形」へ作り変えようとするだろうか?Rebirth号のエピローグで見たやり取りはDr.Manhattanでなく、実はOzymandiasが2人の最後のやり取りを思い出しているということは考えられないだろうか?

f:id:C3rdP:20170410164047j:plain
これは誰?(DC UNIVERSE REBIRTHより)

 まあこんなところだ。流石に自分でも行き過ぎたと思う。これじゃ300人委員会やらヒトラー生存と同レベルだ。散々語っといて予想が外れたら恥ずかしいとかのレベルじゃない。今から墓穴を掘っておきたい気分ですわ。
 長々と記したものの、何度も言うように「Mr.OzはNite Owl」という仮説は確たる証拠のない妄想であり、ネットのどこを見ても同じ意見がまだなかったから1つの可能性として提示したに過ぎない。
 信じるかどうかはこれを読んだ各々に任せようと思う。

本記事で参考にした作品リスト:


原書合本版(Amazon): DC Universe: Rebirth Deluxe Edition (Dc Universe Rebirth)


原書合本版(Amazon): Watchmen: The Annotated Edition(もっとお手頃な値段のもあるでよ)


原書合本版(Amazon): Superman: The Men of Tomorrow


原書合本版(Amazon): Superman: Action Comics Vol. 1: Path Of Doom (Rebirth)


原書合本版(Amazon): Justice League Vol. 8: Darkseid War Part 2 (Jla (Justice League of America))